葬祭の日取りや喪主について

葬祭見聞

新着

2014/03/04
喪主を更新しました
2014/03/04
日取りを更新しました

冠婚葬祭

hukusou nagare

冠婚葬祭は、「元服」・「婚礼」・「葬儀」・「祭祀」の事です。
冠婚葬祭で使われるこの言葉には、それぞれ意味があります。

元服は、成人式の事を意味しています。
元服の「元」は首を意味し「服」は着用を表しており、頭に冠をつけるという意味があるのです。
その為、「冠」が使われています。
婚礼は、男性と女性が夫婦になる時の結婚の儀式です。

葬祭の「葬儀」は、死者を弔う儀式の事です。
そして、「祭祀」は先祖の霊をまつるお盆や法事という行事を指します。

冠婚葬祭は、人が生きていく中で経験をする4つの大事な儀式からとっています。

お通夜

葬儀の前夜には、お通夜を行います。
お通夜は、故人の近親者や遺族などが故人と共に過ごす最後の夜の事です。
ただし、近年では故人の知人等も参列する事ができます。

お通夜の儀式は、18時から19時に開始されます。
儀式の時間は、約1時間ほど行うのです。
お通夜の後には会食を行い、22時頃に一旦終了をします。
ただし、その後は喪主や近親者が故人の枕元に付き添うのです。
そして、一晩中お線香を絶やさないように火を灯し続けます。

種類

syurui

葬儀は、密葬、家族葬、社葬という種類があります。

密葬とは、遺族や親族だけで行う葬儀の事です。
密葬を行う場合は、密葬の後に本葬や社葬を行う事が前提になります。
密葬は、故人が年末年始に亡くなった場合に行われるのです。
有名人が亡くなった場合は、親族が密葬を行ってから一般人を招いた本葬を行います。

家族葬は、家族や親族といった限られた人数で行う葬儀です。
葬儀では、喪主や家族が参列者へ対応を行います。
その為、その対応に追われて落ち着いて葬儀を行えないのです。
家族葬であれば、そういった対応に追われる事無く葬儀を行う事ができます。

故人が高齢であった場合は、知人の人数が少ないです。
その為、家族葬で執り行います。

家族葬は、基本的に大きな斎場を利用しません。
したがって、葬儀費用を抑える事が可能です。

故人が企業において重要な立場の人物である場合は、企業が葬儀を執り行います。
この葬儀の事を、社葬というのです。
また、業務中に亡くなった場合にも社葬は行います。
そして、企業と遺族が一緒に行う葬儀が合同葬です。